口臭のチェック方法

口臭のチェック方法は自分でチェックする方法と、歯科医院でチェックしてもらう方法の2種類があります。

CLEAR

口臭のセルフチェックとプロフェッショナルチェック

口臭のチェック方法には、自宅で手軽に行うセルフチェックと、歯科医院の口臭外来によるプロフェッショナルチェックがあります。セルフチェックは簡単に行えるので便利ですが、口臭が自分でも気になる場合はセルフチェックは参考程度にとどめ、歯科医院の口臭外来を受診することをおすすめします。

歯科医院の口臭外来では、専門の測定機器を使った口臭チェックを行ってくれます。測定器を使うと、口臭の原因となるガスの成分や濃度がわかり、口臭改善への近道となります。3~4回繰り返して治療を行うと、口臭が少しずつ改善されてきますから、焦らず続けていくことが必要です。

自分で口臭をチェックする方法

鼻は長時間同じにおいを嗅ぎつづけると、疲労し、嗅覚が麻痺してしまいます。そのため、自分の口臭には気付かないことが多いと言われています。自分で口臭をチェックする方法には、以下の5点があります。

1.コップに息を吐き出す

朝起きてすぐに、きれいに洗ったコップに息を吐き出し、口臭をチェックします。

2.オキシドール水の泡をチェック

オキシドールを水で2倍に薄め、軽く口に含んだ後、吐き出します。吐き出したオキシドール水に泡が多い場合、歯周病による細菌や膿、食べかすなどに反応しており、口臭が発生している可能性が高くなります。

3.歯垢染色剤でチェック

磨き残し部分が赤く染まるので、赤い部分が多いと、口臭の原因になると考えられます。歯石や歯垢が多いと歯周病になりやすいので注意が必要です。

4.舌苔のにおいをチェック

柔らかい布などで舌を軽く擦り、舌苔のにおいをチェックします。

5.ブレスチェッカーを使う

市販のブレスチェッカーを使い、においのレベルをチェックします。サイズがコンパクトで持ち運べる物も多く、すぐに使えるので便利ですが、過信はせずに、口臭が気になる場合は歯科医院を受診しましょう。

歯科医院の口臭外来でのチェック方法

歯科医院の口臭外来では、下記の流れで口臭治療を行っていきます。

  • 1.毎日の食事メニューと口臭の度合いをあらかじめ調査票に記入し、初診時に提出
  • 2.問診にて口臭についての悩みを詳細に把握
  • 3.レントゲン検査などで噛み合わせ・虫歯・歯周病など口腔内の状態をチェック
  • 4.医師による口臭チェック
  • 5.専門の測定機器による口臭チェック
  • 6.唾液検査、尿検査で全身疾患がないかチェック
  • 7.検査結果に基づき、口腔内の改善治療、及びブラッシング指導、食生活改善指導を行う

歯科医院では、個人の口臭の原因に合わせたオーダーメイドの治療を行ってくれます。最新の測定器では、数十秒で口臭のレベルを知ることができ、自分の口臭を客観的に把握することができるようになります。口臭が気になる方は悩みを抱えたままにせず、口臭外来を受診を検討してみて下さい。

口の中の健康を保って口臭予防

口臭のチェック方法は、自宅でのセルフチェックと歯科医院でのプロフェッショナルチェックの2種類あります。自分の口のにおいは慣れて鈍感になってしまうことが多いので、正確な口臭が知りたいようであれば、歯科医院の口臭外来がおすすめです。

口臭のほとんどの原因は口腔内にあると言われています。口臭が気になる方は、まずは歯科医院で虫歯や歯周病などの疾患がないかチェックしてもらいましょう。口の中の健康を保つことが口臭予防につながります。口腔内の状態を整え、口臭改善を目指しましょう。

人気のなたまめ茶はこちら