アトピー性皮膚炎対策になたまめ茶

なたまめ茶には、優れた排膿・抗炎症作用と免疫力を高める作用があるため、
アトピーなどのジュクジュクとした辛い湿疹や肌の炎症の緩和に効果的です。

CLEAR

食生活の見直しとなたまめ茶でアトピー性皮膚炎を改善

ひどい痒みやジュクジュクとした湿疹を伴うアトピー性皮膚炎。原因がわからず、なかなか湿疹が改善しないまま悪化してしまうケースも多いようです。アトピー性皮膚炎を改善させるためには、食生活の見直しが不可欠です。食生活を野菜中心の和食に切り替えることで、アトピー性皮膚炎を効果的に改善させることができます。

食生活の改善と並行して、なたまめ茶を飲むこともアトピー性皮膚炎の改善に効果を発揮します。なたまめ茶の有効成分カナバニンは排膿・抗炎症作用があり、ジュクジュクした湿疹や炎症を軽減させることができます。

アトピー性皮膚炎の特徴

アトピー性皮膚炎とは、痒みを伴う湿疹が慢性的に続く皮膚疾患です。かつては乳幼児が多くかかる疾患だと言われてきましたが、今では大人でもその症状に悩む人がたくさんいます。アトピー性皮膚炎の主な症状は以下の4点になります。

  • 1.梨の皮のような細かいプツプツとした湿疹
  • 2.かさぶたを伴う赤い湿疹-ごわごわとした厚い皮膚
  • 3.黄色い膿を伴うジュクジュクとした湿疹
  • 4.カサカサと粉をふく乾燥肌-皮膚がポロポロとむける

いずれの湿疹も強い痒みを伴い、掻き壊して出血することもあります。食物アレルギーやアレルギー性鼻炎など体質的にアレルギーの素因があるとアトピー性皮膚炎にかかりやすいと考えられています。

アトピー性皮膚炎の治療と体質改善

アトピー性皮膚炎の治療は、原因の特定とスキンケアの両立が重要になります。アトピー性皮膚炎の原因はダニやハウスダスト、ストレスなど色々と言われていますが、一番の原因は食生活です。食生活を整えることで、アトピー性皮膚炎は改善します。ステロイドなどの外用薬は、あくまでも対処療法です。薬を使うと湿疹を外から抑えることはできますが、原因が身体の中に残っている限りアトピー性皮膚炎は改善しません。食生活を整え、身体の中から体質改善することでアトピー性皮膚炎は少しずつ良くなっていきます。食生活のポイントは以下の3点になります。

  • 1.動物性脂肪(肉・乳製品)を控える
  • 2.たんぱく質(卵・魚・豆製品)の量を減らす
  • 3.植物性油(揚げ物やスナック菓子など)を減らす

なたまめ茶には、膿の排出を助けて炎症を抑える働きがあり、アトピー性皮膚炎特有の膿を伴う湿疹や肌の炎症を軽減させることができます。

食生活の見直し・なたまめ茶と、アトピー性皮膚炎の湿疹改善

アトピー性皮膚炎による湿疹は、食生活のバランスが崩れて、身体の中に余分な栄養素がたまってしまった時に出てくると考えられています。アトピー性皮膚炎を改善させるためには、食生活の改善が一番の近道となります。薬に頼りすぎず、身体の中から整えることで、湿疹の再発を防ぐことができます。

アトピー性皮膚炎を自然治癒させるためには、ある程度の時間が必要です。なたまめ茶には優れた排膿・抗炎症作用と免疫力を高める作用があるため、ジュクジュクとした辛い湿疹や肌の炎症に効果を発揮します。食生活の改善となたまめ茶の優れた作用が、アトピー性皮膚炎の悩みを改善に役立ちます。

人気のなたまめ茶はこちら