蓄膿症対策になたまめ茶

蓄膿症対策には、なたまめ茶の排膿作用・抗炎症作用を持つ成分カナバニンが役立ちます。

CLEAR

なたまめ茶の有効成分は蓄膿症対策と予防に効果的

蓄膿症は慢性副鼻腔炎とも呼ばれ、蓄膿症にかかると鼻水や鼻づまり、頭痛、咳などの様々な症状が現れます。この蓄膿症対策・予防に高い効果を発揮するのがなたまめ茶です。なたまめ茶に含まれる有効成分カナバニンは優れた排膿、抗炎症作用を持ち、蓄膿症の症状を改善させる働きがあるのです。

風邪の症状から慢性副鼻腔炎を引き起こしやすいので、風邪をひいた時には症状が軽いうちに適切なケアをすることが大切です。慢性副鼻腔炎を放置すると、中耳炎や気管支炎、喘息などにつながる可能性もありますので、耳鼻咽喉科で早目に治療を受けるようにしましょう。

蓄膿症の原因と症状

蓄膿症とは、細菌の感染などが原因で頭部の副鼻腔に炎症がおき、膿がたまったり、粘膜が腫れたりする慢性副鼻腔炎のことを指します。副鼻腔とは、下記の4つの空洞になります。 

  • 1.鼻の両側にある上顎洞
  • 2.両目の間にある篩骨洞
  • 3.目の奥にある蝶形骨洞
  • 4.眉間のそばにある前頭洞

細菌感染やウイルス感染により副鼻腔に炎症が起きると、頭痛や鼻づまり、黄色い粘り気のある鼻汁など風邪に似た症状が引き起こされます。この急性副鼻腔炎が長引いて悪化すると、慢性副鼻腔炎となります。鼻の症状が長引く時は、早目に耳鼻咽喉科を受診し、適切な治療を受けることが必要です。

耳鼻咽喉科での治療と並行してなたまめ茶を活用

鼻の症状が3ヶ月以上続く時は、耳鼻咽喉科でX線やCTなどの画像診断を検討してみて下さい。蓄膿症対策には、抗生物質やマクロライド抗生剤、ステロイドなどの薬物療法があり、ネブライザーや鼻洗浄なども効果的です。薬物療法では症状が改善されない場合、内視鏡による鼻ポリープ除去などの手術が必要となります。内視鏡による手術は、これまでの手術療法より負担が少なく、改善率も75%以上と非常に良い結果が出ています。

また、なたまめ茶には、排膿作用・抗炎症作用を持つカナバニンという有効成分が含まれています。耳鼻咽喉科での治療と並行して、なたまめ茶を定期的に摂取することで、ひどい鼻水や鼻づまりなどの蓄膿症の症状を緩和させることができます。蓄膿症にお悩みの方は、なたまめ茶も活用してみて下さい。

蓄膿症対策と予防にはなたまめ茶を効果的に利用

蓄膿症にかかると、鼻水や鼻づまり、咳、嗅覚障害などの症状が起こり、日常生活に様々な支障をきたします。この蓄膿症による不快な症状を効果的に改善させると言われているのが、なたまめ茶です。

なたまめから初めて抽出された有効成分カナバニンは、排膿作用と抗炎症作用があり、身体の中にたまった膿の排出を助ける働きがあります。なたまめ茶を日頃の生活に取り入れることで、効果的に蓄膿症の対策を取ることができるのです。

蓄膿症の治療には長い期間が必要ですが、なたまめ茶を蓄膿症改善に役立てながら、医師の指示をしっかりと守り治療を続けていきましょう。

人気のなたまめ茶はこちら