花粉症対策になたまめ茶

なたまめ茶には、花粉症のつらい症状を緩和する働きがあると同時に、
その成分であるコンカナバリンAにおいては免疫力を高める力があります。

CLEAR

なたまめ茶の有効成分で効果的に花粉症対策

およそ25%もの日本人がかかっていると言われる花粉症。花粉症の症状に悩む人々も年々増え続けています。鼻水や鼻づまりなどの花粉症特有の症状に効果を発揮するのが、なたまめ茶です。なたまめ茶の有効成分カナバニンには優れた排膿・抗炎症作用があり、鼻水や鼻づまりなどの症状を改善させる働きがあると言われています。

また、有効成分コンカナバリンAは免疫力を高める作用があり、花粉に対する過剰反応を正常化させる働きがあると考えられています。なたまめ茶を利用することで、花粉症対策・予防が効果的にできるのです。

花粉症とは

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で引き起こされるアレルギー疾患の一つで、季節性アレルギー性鼻炎とも言われています。主な症状は、アレルギー性鼻炎三大症状のくしゃみ・鼻水・鼻づまり、目の痒みや充血などがあります。これらの症状は、身体が花粉を異物とみなしたことによる防御反応と考えられています。

スギやヒノキ花粉の飛散量は、前年の夏の日照量、特に7月上旬から8月にかけての日照時間や気温などが関係しているようです。日照時間が長く、気温が高めであると、スギやヒノキ花粉の総飛散量が多くなります。このため、飛散量が多いと予測される年には、早目に花粉症対策を取ることが大切です。

花粉症の治療と対策

花粉症の治療・対策は、大きく分けて対処療法と根治療法の2つがあります。

1.対処療法

① 初期療法 ・・・本格的な花粉シーズンが始める前に、抗アレルギー薬などの内服を行い、症状を軽減させます。

② 導入療法・・・症状が強く出るようになってから、抗ヒスタミン薬やステロイド点鼻薬などを使い、治療します。

2.根治療法

アレルギーの原因となる花粉を注射で少量ずつ体内に入れ、花粉に対する免疫を獲得する減感作療法(抗原特異的免疫療法)になります。体質の改善を目指すため、2年以上治療を続けることが必要です。

なたまめ茶に含まれる有効成分カナバニンは、排膿・抗炎症作用があり、花粉症による鼻水や鼻づまりに効果を発揮します。

なたまめ茶で花粉症予防

花粉の飛散量が多い時期は、マスク・メガネをする、洗濯物を室内に干す、掃除をこまめに行うなど日常生活で予防をすることが必要です。合わせてたまめ茶を活用することで、花粉症の辛い症状を改善させることができます。

なたまめ茶に含まれる有効成分カナバニンには排膿・抗炎症作用があり、コンカナバリンAには免疫力を高める作用があります。なたまめ茶を飲むことで、花粉症特有の鼻や目の辛い症状を和らげることができるのです。花粉症の症状でお悩みの方は、普段の生活になたまめ茶を取り入れる事でその症状を緩和し、徐々に体質を改善する事が出来ます。

人気のなたまめ茶はこちら