歯周病対策になたまめ茶

なたまめ茶の排膿作用、抗炎症作用は、
歯周ポケットにたまった膿の排出や歯茎の炎症を抑える力がある事から、歯周病対策に役立ちます。

CLEAR

なたまめ茶で口腔内のバランスを整え、歯周病予防を

30歳以上の成人のおよそ8割がかかっていると言われる歯周病。治療をせずに放置して、歯周病を悪化させてしまうケースも多いようです。永久歯の抜歯原因の一位は歯周病という調査報告があります。

歯周病の予防・対策にはプラークコントロールが最も重要です。歯科医院で歯垢クリーニングと歯磨き指導を受け、自宅でのセルフケアも怠らないようにしましょう。合わせて、普段からなたまめ茶を飲むようにすると、歯茎の炎症や膿などの症状を軽減させることができます。また、なたまめ茶には免疫力を高める作用もあるため、口腔内のバランスが整い、歯周病の予防につながります。

歯周病とは

歯周病とは、プラークに含まれるジンジバリス菌やプレボテーラ菌などの細菌が原因となって引き起こされる感染症です。歯と歯肉の境目にプラークがたまると炎症が起こり、徐々に溝が深くなり、歯周ポケットができます(歯肉炎)。進行すると、やがては歯を支えている歯槽骨が溶け、抜歯を余儀なくされます(歯周炎)。

歯周病は、ストレスや喫煙でも悪化することがわかっており、生活習慣を正すことも大切になります。また、歯周病が原因で心筋梗塞などの心疾患や妊娠中の早産リスクが高まるとも言われており、歯周病と診断されたら早目の治療が必要です。

歯周病の基本対策

歯周病の基本対策は、歯科医院での歯垢・歯石除去、クラウンなど被せ物の適合性チェック、噛み合わせの調整などが中心です。特に歯垢・歯石除去は、歯科医院でのクリーニングに加えて、自宅でのセルフケアが重要になります。普段から正しいブラッシング方法を身に着けておくことが大切です。

この歯科医院での治療と合わせて、なたまめ茶を飲むと効果的に歯周病を改善させることができます。なたまめ茶に含まれる有効成分カナバニンには、膿の排出を助ける排膿作用、歯茎の炎症を抑える抗炎症作用があります。なたまめ茶で歯周病の症状を改善させると共に、歯周病による口臭も軽減させることができるのです。

歯周病の治療と、なたまめ茶の活用

歯周病は痛みなどの自覚症状がないため、歯茎の腫れや出血が起きた時には、病状が進行していることが多いようです。歯周病と診断されたら、歯科医院で適切な治療を受けることが必要です。また、年に3~4回は定期検診に通い、歯周病の再発予防に努めましょう。

なたまめ茶には排膿作用、抗炎症作用があり、歯周ポケットにたまった膿の排出や歯茎の炎症の抑制に役立ちます。普段の生活になたまめ茶を取り入れ、定期的になたまめ茶を飲むことで、歯周病を効果的に対策・予防することが可能です。

人気のなたまめ茶はこちら