なたまめ茶の副作用

なたまめ茶の副作用が気になる場合は、しっかりと下処理されている
信頼が出来るメーカーのものを選ぶようにしましょう。

CLEAR

なたまめ茶の副作用とは

なたまめ茶の原料に使われる赤なたまめの完熟種子には、若干の毒性が含まれています。しかし、なたまめ茶は加工処理の段階で水洗い・加熱・焙煎がしっかりと行われており、毒性は消失していますので副作用の心配はありません。

なたまめの品種は大きく分けて3種類あり、そのうち赤なたまめとタチナタマメには毒性が含まれています。これはなたまめの強い薬効成分である有毒性アミノ酸のカナバニンやコンカナバリンAに由来するものです。食用に適さないなたまめは、贈答品としてレーザーでメッセージを刻字したメッセージ缶などに利用されています。

なたまめの種類と毒性

なたまめには、主に3つの種類があります。

  • 1.白なたまめ
  • 2.赤なたまめ
  • 3.タチナタマメ

白なたまめは、白い花が咲き、白い種子ができます。赤なたまめは、ピンクの花に赤い種子、タチナタマメは淡い紫色の花に白い種子ができます。このうち白なたまめの完熟した種子には毒性はありません。そのため煮豆などの食用として利用されています。若いサヤにも毒性はなく、古くから福神漬けの材料として用いられてきました。

赤なたまめの完熟種子にはわずかに毒性が含まれており、タチナタマメの完熟種子には強い毒性があることがわかっています。そのまま食べると腹痛や嘔吐などの症状を引き起こす可能性がありますので、毒性の強いなたまめは、食用には向いていません。

なたまめ茶に副作用はあるのか

なたまめに含まれる毒性は、なたまめの有効成分であるサポニンや有毒性アミノ酸カナバリン、コンカナバリンAなどに由来するものです。この毒性は、水にさらす、煮る、炒る、発酵するなどの下処理を行うことで消失すると言われています。

なたまめ茶の原料となるのは、白なたまめと赤なたまめですが、赤なたまめに関しては、加工の段階でしっかりと加熱・焙煎処理すれば毒性は消失します。現在まで、なたまめ茶の副作用による被害は報告されておらず、安全性に問題はないと言えるでしょう。

このように安全性の高いなたまめ茶であれば、過剰摂取による副作用の心配はありません。なたまめ茶には、歯周病や蓄膿症、腎臓の働きの衰えによるむくみに効果のある有効成分が含まれています。これらの症状にお悩みの方にもなたまめ茶は役立ちます。

副作用の心配がない、安心のなたまめ茶

排膿作用や抗炎症作用など様々な薬効成分で知られるなたまめ茶ですが、原料であるなたまめの品種の中には、毒性を持つものもあります。しかし、しっかりと加工処理することで毒性は消失しますので、副作用の心配はありません。それでも副作用が気になるという方は、厳選した原料を使い、じっくりと焙煎処理されている安全性に配慮されたメーカーのなたまめ茶を選ぶといいでしょう。

ミネラル豊富ななたまめ茶は、歯周病や蓄膿症などの症状改善に、抜群の効果を発揮すると言われています。これらの症状に心当たりがある方は、ぜひなたまめ茶を飲んで症状改善に役立てましょう。

人気のなたまめ茶はこちら