なたまめ茶とカフェイン

なたまめ茶自体はノンカフェインですが、そのブレンド方法によってはカフェインが
入っているなたまめ茶もありますので、事前にしっかり確認するようにしましょう。

CLEAR

なたまめ茶はノンカフェイン

コーヒーや紅茶、緑茶などに含まれているカフェイン。カフェインの摂りすぎは頭痛や睡眠の質の低下を引き起こす可能性もあり、小さなお子様や妊娠・授乳中の方は注意が必要です。

なたまめ茶は、基本的にはノンカフェインでノンカロリーのため、どの世代の方でも安心して美味しくお召し上がり頂くことができます。(商品によっては、なたまめ以外の原料でカフェインがあるものをブレンドしている場合もあるため、カフェインを気にされる方は購入前に確認するようにしましょう。)

なたまめのスッキリとした香ばしさや風味豊かな味わいは、お茶にこだわりのある方々にも好評です。普段のお茶をなたまめ茶に変えることで、鼻のグズグズや口のねばつき、口臭などの症状も改善させることができます。

カフェインの作用と摂取量

カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶、ココア、チョコレートなどに含まれ、中でもコーヒーと玉露はカフェインの含有量が多いと言われています。カフェインの主な作用には、興奮作用、利尿作用、胃酸分泌の促進などがあり、大量に摂取すると血管拡張による頭痛や睡眠不足などを引き起こすと考えられています。

このため、小さな子どもや妊婦などはカフェインの摂取に気を付ける必要があります。カナダでは、子どもの一日あたりのカフェイン摂取量はガイドラインで示され、年齢ごとに細かく定められています。米国では、2011年に「カフェインの摂取は、子どもの睡眠時間に悪影響を及ぼす」との調査結果が報告されました。

カフェインと妊婦

スウェーデンの研究によると、一日あたり100㎎以上のカフェイン摂取で流産の危険性が高まるそうです。妊娠中はカフェインの分解・排出に通常よりも時間がかかり、カフェインが長く身体の中にとどまることになります。また、カフェインは胎盤を通じて胎児にも移行するため、胎児も少なからずカフェインの影響を受けることになります。

そこで、小さなお子様や妊娠・授乳中の方におすすめなのが、なたまめ茶です。なたまめ茶にはノンカフェインで身体に必要なミネラルがたっぷりと含まれており、毎日飲むお茶としては最適の健康茶です。免疫力を高める作用もありますので、体質改善にも高い効果を発揮します。

ノンカフェインのなたまめ茶で身体の中から健康に

カフェインは、脳の中枢神経に作用する働きがあるため、中毒性があるとも言われています。コーヒーやココア、チョコレートなどカフェインが含まれている食べ物は多く、普段からカフェインの摂取量を気にされている方の場合は、なるべくカフェインの含まれていないなためま茶を選ぶと良いでしょう。

なたまめ茶は、基本的にはノンカフェインのため時間を気にせずいつでも好きな時に飲むことができます。小さなお子様や妊娠中・授乳中の方まで家族揃って愛用しているとの声もたくさん聞かれます。なたまめ茶を美味しく飲んで、身体の中から健康になりましょう。

人気のなたまめ茶はこちら